うなぎ弁当

浜松の勢いグルメと言えば、「うなぎ」だ。
おいしいうなぎを摂るために浜松へ訪ねるツーリストも少なくありません。
浜松の都心を走れば、あちこちにうなぎ屋様があります。
浜松の養鰻サロンで構成する漁協団体では、井伊直接的虎つながりのグルメを売り出している。

浜名湖産のうなぎによる「浜名湖うなぎ弁当」。
2数々あって、ひとつが「家康」、いよいよひとつが「直虎」という弁当だ。
・「家康」…職人の戦略焼きしたうなぎが1尾取り分かば焼きとなってあるお弁当だ。
約120グラムのかば焼きで体格がある結果男性に推薦、費用は2,300円(税込)だ。
カリキュラムは、紺色ののしが巻かれていて、徳川住まいの家紋、葵紋が入っています。

・「直虎」…職人の戦略焼きによるかば焼きが幾らか小ぶりで約90グラムあるお弁当だ。
本数が低めなので女性に推薦、費用は1,800円(税込)だ。
カリキュラムは、えんじ色彩ののしが巻かれていて、井伊住まいの家紋が入っています。

地下鉄浜松ターミナルのターミナルビルに入っていらっしゃる「メイワンエキマチ」の団体直売職場や、横のビルの直営食堂「丸浜」で買うことができます。
都心を観光するほどの時間はないけれど、浜松にまだまだ入ることができたヤツは、ターミナルビルで選べる結果買い求め易いと思います。

食堂でアベレージ売られている、うなぎ弁当は、仕事場でごっそり焼いたものを使っています。
但し今ご紹介した浜名湖うなぎ弁当は、戦略焼きだ。
その証拠にうなぎの実態を見ると、串を刺したあとの盲点が開いている。
うなぎもやわらかくて旨いだ。http://www.gmsport.co.uk/